このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ吉村昭記念文学館について> おしどり文学館協定締結2周年記念事業のお知らせ

おしどり文学館協定締結2周年記念事業のお知らせ

 平成29年11月5日に、吉村昭記念文学館と福井県ふるさと文学館はおしどり文学館協定を締結しました。荒川区出身の作家、吉村昭氏と妻で福井県出身の作家、津村節子氏の「おしどり夫婦」になぞらえ、両館が協力して相互に魅力を高めていくため、締結したものです。協定の締結2周年を記念して、福井県と合同で事業を開催します。

 

第7回トピック展  荒川区・福井県合同展示「吉村昭が描いた福井「雪の花」―笠原良策と天然痘―」

 江戸時代、恐ろしい病だった天然痘(疱瘡・ほうそう)から人々を守ろうと、福井の町医、笠原良策は、ワクチン接種「種痘」(しゅとう)の普及に奔走します。吉村昭は、医師としての務めを全うすべく尽力する良策の姿を丹念に描きました。本展示では、「雪の花」に関する吉村の自筆メモや、「雪の花」の母体となった「日本医家伝(四) 笠原良策」の挿絵などを紹介します。

 

会期

令和元年10月18日(金曜)~12月18日(水曜)
ただし、11月21日(木曜)、12月6日(金曜)は休館。
※注釈 台風19号の影響により、書斎再現展示資料整理期間を当初予定していた10月13日から、10月23日までに延長させていただきます。そのため、復元作業を行う10月22日(火曜・祝日)と10月23日(水曜)は、トピック展の一部をご覧いただくことができません。ご来館の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
吉村昭記念文学館 書斎再現展示資料整理のお知らせ
 

時間

午前9時30分~午後8時30分

会場

吉村昭記念文学館 2階 著作閲覧コーナー

 

入館料

無料

 

記念講演会「吉村・津村文学の魅力」

 吉村昭・津村節子両氏と親交があった日本文藝家協会理事長の出久根達郎氏に、吉村昭氏と津村節子氏の作品の魅力や人となりについてご講演いただきます。

講師

出久根達郎氏(日本文藝家協会理事長)
dekune

 

日時

令和元年11月24日(日曜) 午後2時~4時(開場は午後1時30分)

 

会場

ゆいの森ホール

 

定員

100人(申込順)

 

参加費

無料

 

申込方法

ゆいの森あらかわホームページ(イベント予約)
ゆいの森あらかわ1階総合カウンター、ファクス(03-3802-4350)でお申込み下さい。
イベント名・参加者の氏名(2人まで)・代表者の住所と電話番号を、ゆいの森あらかわへ。

 

【お知らせ】福井県ふるさと文学館同時開催事業

 

福井県・荒川区合同企画展「吉村昭展~ふるさとと旅~」

会 期:令和元年10月26日(土曜)~12月22日(日曜)
    ただし、毎週月曜(休日の場合は翌日)、11月28日(木曜)、12月19日(木曜)は休館
時 間:火曜から金曜:午前9時~午後7時、土曜・日曜・祝日:午前9時~午後6時
会 場:福井県ふるさと文学館
入館料:無料

 

文学カフェ「父・吉村昭を振り返る」

講 師:吉村司氏(吉村昭氏・津村節子氏長男)
日 時:令和元年11月2日(土曜) 午後2時~3時30分
会 場:福井県立図書館 多目的ホール
定 員:60人(申込順)
参加費:無料
申込み方法:電話、ファクス、メールまたは、直接福井県ふるさと文学館窓口まで

 

文学キネマ

上映作品
  (1)「魚影の群れ」(135分)(日時:令和元年11月9日(土曜)午後1時30分~)
  (2)「密会」(71分)(日時:令和元年12月8日(日曜)午後1時30分~)
会 場:福井県ふるさと文学館 映像ルーム
定 員:40人(当日先着順)
    正午より福井県ふるさと文学館カウンターで整理券を配布します。 
参加費:無料 

 

会場・問い合わせ先

福井県ふるさと文学館
  〒918-8113 福井県福井市下馬町51-11(福井県立図書館内)
  電話:0776-33-8866
  ファクス:0776-33-8861
  メール:bungakukan@pref.fukui.lg.jp
  ホームページ:http://www.library-archives.pref.fukui.lg.jp/bungaku/index.html
 


掲載日 令和1年10月21日 更新日 令和1年10月15日
【アクセス数