このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップお知らせゆいの森> 【企画展情報①】「朗読とトーク~赤江珠緒が読む、吉村昭~」ユーチューブで公開中です!

【企画展情報①】「朗読とトーク~赤江珠緒が読む、吉村昭~」ユーチューブで公開中です!

企画展関連イベント「朗読とトーク~赤江珠緒が読む、吉村昭~」を、荒川区公式ユーチューブでご覧いただけます!
文学館Hp赤江珠緒氏赤江珠緒氏(吉村昭記念文学館エントランスにて)
この番組は、3階企画展示室で開催中の「吉村昭と東日本大震災~未来へ伝えたい、災害の記録と人びとの声~」(12月15日まで)関連イベントとして収録しました。
日頃から吉村作品を愛読されている赤江さんに、短篇「梅の蕾」や『三陸海岸大津波』を朗読いただきました。また、吉村作品の魅力や、赤江さんご自身が、東日本大震災の際に陸前高田市で取材された経験なども踏まえて、災害や防災に対する思いを語っていただきました。ぜひ、ご覧ください!
【朗読とトーク~赤江珠緒が読む、吉村昭~はこちら↓(YouTube荒川区公式チャンネルにつながります)】
https://www.youtube.com/watch?v=p8WJ2nL8jVY
企画展公式サイト「映像・図録」コーナーからもご覧いただけます。
公式サイト右上のアンケートから、ぜひ、ご感想もお寄せくださいね!

【企画展公式サイトURL】  https://www.yoshimurabungakukan.city.arakawa.tokyo.jp/mirai2021/

番組内容

出演:赤江珠緒氏(フリーアナウンサー・ラジオパーソナリティ)

※57分の番組です。
【朗読】
1・短篇「梅の蕾」より。(『遠い幻影』平成12年 文春文庫)0分55秒より
2・『三陸海岸大津波』より。(平成16年 文春文庫)33分31秒より
【トーク】
・「梅の蕾」と「三陸海岸大津波」を朗読しての感想。44分33秒より
・東日本大震災から10年を経て、災害や防災について思うこと。47分43秒より
・おすすめの吉村作品(「羆嵐」「漂流」など)について。51分47秒より
・吉村作品の魅力について。53分38秒より
・視聴者の方へのメッセージ。54分55秒より 
 

 

 


掲載日 令和3年10月22日 更新日 令和3年10月26日
【アクセス数