このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

温活しましょう

  11月7日は立冬です。暦の上ではこの日から冬が始まります。
  体を温める「温活」で、寒い冬に備えてみてはいかがでしょうか?
  今回は、読むだけでぽかぽかするような三冊をご紹介します。

飲むだけくすりスープ-野菜たっぷり、かんたん新習慣-

タカハシユキ/著  大和書房  2015.11

表紙画像

  「くすりのスープ」と聞くと何やら薬蕩といったイメージがあり、しかも「習慣」と言われると現代の慌ただしさに忙殺されている私たちにとって「面倒さ」が先立つような感覚ではありますが、考えてみれば処方薬やサプリメントで「とりあえず」の対処療法が中心となっている私たち。もともと人には自然治癒能力という適応力が備わっているはずですから、いざという時に発揮してもらうためにも、先ずはご自分の体をホッコリと一休みさせてあげては如何でしょう?
  この本では、「整え」「癒し」「改善」の章に編纂、「季節毎」のスープレシピも紹介しています。
  簡単にできるおいしいスープをご賞味あれ。

世界のホットドリンクレシピ-世界各地から届いた体があたたまる飲み物とアレンジ85品-

誠文堂新光社/編  誠文堂新光社  2014.12

表紙画像

  寒い日に飲みたい世界各国のドリンクレシピ85品が、その国の生活スタイルを交えて紹介されています。ふだんの飲み物に、いつもと違う食材を少し加えるだけで、異国情緒がたっぷり味わえます。
  王道のホットドリンク「ココア」に北欧で好まれているスパイス「カルダモン」をプラスすれば一気に北欧諸国の味に近づくそうです。アメリカやカナダでは「ホットアップルサイダー」がハロウィンやクリスマスの食卓に欠かせないなんて知りませんでした。アジアでは果物や漢方の特徴がいかされ、アフリカではスパイスやハーブの香りが広がるホットドリンクが揃っています。
  心を癒してくれるあたたかい飲み物で、ゆったりと安らぐひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

作家と温泉-お湯から生まれた27の文学-

草彅洋平/編  河出書房新社  2011.1

表紙画像

  夏目漱石、志賀直哉、川端康成……。誰もが知っている文豪、彼らがお風呂でのんびりくつろいでいるところを想像できますか。
  まったりリラックスしている作家の写真を見ると、それまで抱いていた印象が変わるかもしれません。
  著名作家の温泉エピソードや珍しい入浴写真が満載の一冊です。
  ゆっくり湯船につかって体を温めながら、作家と温泉のホットな関係に思いをはせてみては?


掲載日 平成28年12月5日 更新日 平成28年12月9日
【アクセス数